歩いて見よう藤沢宿

藤沢宿を歩いて見ると面白い・・・。400年前は東海道五十三次の6番目の宿場町だったんだって…
明治時代は肥料販売、農作物保管販売の流通地区として栄えてたんだって…
誌の発祥として市の役場、警察銀行が軒を連ねる官庁街だったんだって…
藤沢の歴史はここから始まったんだって…。

写真1: 写真2: 写真3:まっぷ1/5 写真4:まっぷ2/5 写真5:まっぷ3/5 写真6:まっぷ4/5 写真7:まっぷ5/5 写真8: 写真9: 写真10:

“歩いて 見よう”藤沢宿ガイダンス

写真:高野氏

ようこそ!!歩いて見て学べる藤沢宿へ…

JR藤沢駅、小田急藤沢本町駅から遊行寺方面へ街道際の「トランスボックス・ラッピング」を見てみよう。

「歩いて見よう藤沢宿」冊子片手にトランスボックスを見る…

400年前の街の様子が直ちに見れる街並み博物館。

見どころが直ちにわかる冊子「“歩いて 見よう”藤沢宿」を片手に

冊子「“歩いて 見よう”藤沢宿」は、JR藤沢駅コンシェルジュ、小田急藤沢本町駅、ふじさわ宿交流館に備えています。

さあ! 次のページを開いてみましょう・・・。

藤沢宿って

このページの上に戻る